CODE STYLE

福岡市東区E様邸リノベーション

“ポイントリノベーション”という新しい選択肢

リノベーションと聞くと、築年数が経過した「古い物件」に施すイメージをもたれがち。しかし、Eさん夫妻の発想はまったく異なります。それが今回紹介する「ポイントリノベーション」。

竣工から11年という築浅の4LDK物件を購入したご夫婦。一般的には「そのまま」で十分と言える住環境に対し、お酒やダーツを趣味とする2人は「部分的に」手を加えることにしました。その対象はリビングとリビングに面する2つの個室。とはいえ、単に部屋を取り払って広さを拡張するというものではなく、区画はほぼそのままに、かつて存在した洋室、和室をウォークインクローゼットとベッドルームにそれぞれ変更。ウォークインクローゼットをつくる際に設けたインナーバルコニーによって新たな壁が生まれ、リビングと地続きの“別空間”が誕生しました。

一方「天井の躯体を出したい」「壁はモルタル」「レンガを貼りたい」など、お酒好きのご夫婦らしい要望をかなえるため、特にこだわったのがキッチンゾーンのつくりこみ。既存の台所設備は残しつつも、新たにダークトーンの立ち上がり壁やリキュールボトルなどを設置できる間接照明仕込みの飾り棚を造作。加えて、それまでキッチンからダイレクトに移動できた洗面室(浴室)までのドアを“迷わず”塞ぐ徹底ぶり。動線を排除してまで雰囲気づくりを優先した結果、お店さながらの“バー空間”が実現しました。

部屋全体の印象をつかさどる床にはウォールナット材を使用。また、タイルは床と壁を含めると4パターンを使い分け。中でもご夫婦が希望するレンガは、あえてクラッシュ面の割合を多くしたことで、ヴィンテージの風合いがより際立ちました。

いわゆるリノベーション(空間全体を対象)とは異なり、細部におよぶ徹底した雰囲気づくりを担う今回のポイントリノベーションは、コードスタイルの実績のなかでも極めて稀な施工例となりました。

物件名
福岡市東区E様邸マンションリノベーション
家族構成
二人
リノベーションプラン
POINT RENOVATION
リノベーション完了時
2020年3月
リノベーション費用
540万円
間取り
4LDK → 3LDK+W.I.C
面積
50㎡
Planner
田﨑 研二
Assistant
佐々木 朱梨
Photo
広瀬 麻子
Writer
瀬口 賢一
福岡市東区E様邸リノベーション

recommend おすすめの施工事例

施工事例一覧に戻る
ALL WORKS
RENOVATION FREE CONSULING
リノベーションのご相談はこちら