雰囲気だけが先行しない、隠れた工夫が潜む部屋
renovation
mansion renovation

雰囲気だけが先行しない、隠れた工夫が潜む部屋

インダストリアルなパーツとシックな木材が織りなすダンディな空間。お酒を嗜むGさん(男性)にとってキッチンカウンターに象徴されるバーのような一角をつくることは想定プランのひとつでした。

腰上ほどの高さに設定した壁面のタイルも、よく見るとレンガ一枚一枚で異なる色味をランダムに配置し、モダンなムードを際立たせています。また、高さのある造作カウンターの天板は、タモ材の表面にブラウンオイルを重ねて塗装。リビング全体におよぶ濃い色味のウォルナットフローリングとの相性も良好です。

このリビング、キッチンには、その他「要素足し」として、四方の壁面に接する床の組み方(板の方向が異なる)を変えることで“縁取り”を設け、さり気ない装飾性に加えて、空間に奥行きをもたせる工夫を施しています。また、キッチン頭上に設けた段違いの天井板(吊り天井)をダークボルドー色で構成。コンクリートスラブ(躯体あらわし天井)部分における単なるアクセントではなく、その色味はあくまで空間全体と同調するものを選んでいます。

限られるリビングスペースにおいて、最大限の開放感を得るためには、天井や壁、そして床に、それぞれ「高さ」、「色味」、「つくり」に配慮する。その重要性を、Gさんの空間から学ぶことができます。

今回は、コードスタイルが従来手がける様ざまな施工実例をもとに、黒タイルで構成するドレッシングルームや衣類収納の造作も実現。「アイアン×ウッド」による定番のヴィンテージ様式を、施主さんが掲げる世界観と居住イメージにそって調整した本施工。コードスタイルの原点ともいえるスタイルが完成しました。

物件名
福岡市南区G様邸マンションリノベーション
家族構成
二人
リノベーションプラン
FULL RENOVATION
リノベーション完了時
2020年6月
リノベーション費用
1120万円
間取り
3LDK → 1LDK+S
面積
63㎡
Planner
田﨑 研二
Assistant
田中 慎一郎
Photo
広瀬 麻子
Writer
瀬口 賢一
施工事例一覧に戻る
ALL WORKS
RENOVATION FREE CONSULING
リノベーションのご相談はこちら