リノベーション施工事例75

RENOVATION WORKS 75“フルリノベ”の新たな基準がここに

スノーボードに読書、料理、TVゲーム…。「多趣味」という言葉がしっくりくる夫婦の住空間は、どの一角を切り取っても妥協を感じさせません。エントランスを大幅に拡張し、長い付板で造作した収納棚を大胆に設えたのも、ボードに加え、何かと大きな種々の生活アイテムを美しく仕舞うための工夫です。また、存在感のあるスクエア型のブラックタイル(ヴィンテージ加工)もエントランスの開放感に一役買っています。

他方、メイン空間となるリビングはというと、家人のこだわりがいっそう詰まっています。縦に延びる空間と奥のダイニングまでの動線に呼応するかのように、フロア中央部(サイド)のキッチンを境に床板の“向き”を変えたのも特長です。まるで“く”の字を描いたようなフローリング構成は落ち着いた無垢のオークで統一。キッチンの立ち上がりに採用したマットなモルタルの質感とも抜群の相性です。夫婦は入口側につくったコンパクトなスペースにソファとTVを置き、読書やゲームに興じます。また、奥側のダイニングは珪藻土の壁を一段凹(くぼ)ませ、ブルーグレーを塗装。空間全体の調和をはかりながらも、シンプルな印象が突出せぬよう、部分色でメリハリをつけました。

インテリア照明を仕事にする男性(夫)の希望で実現したレールやペンダントの明かりもまた、穏やかな時間を2人にもたらします。広さを最大限に活用した自由な空間配置の魅力。フルリノベーションの新たな“基準”がこの家に隠れています。

物件名
福岡市中央区F様邸リノベーション
タイプ
マンションリノベーション
家族構成
二人
リノベーションプラン
FULL RENOVATION
リノベーション完了時
2019年9月
リノベーション費用
860万円
間取り
3DK → 1LDK
面積
62㎡
Planner
田崎 研二
Assistant
重藤 沙希
Photo
広瀬 麻子
Writer
瀬口 賢一
家人の生活動線を決定づける造作の多目的棚。リビング側から見える光景は、さながらギャラリーのような洗練さが際立ちます。 ダイニング側から、リビングを望む。 無垢フローリングを斜め張りに。 リビング側から、ダイニングを望む。 ブルーグレーの壁がさりげないアクセントに。 広々としたアイランドキッチン。内側はタイル張りです。 計算された間接照明で雰囲気ある空間に。 欲しいところに電源がある、というのもリノベーションの利点。 ベージュのドアと呼応するように貼られたブラウンのタイル。 ホテルライクなモルタルカウンターの洗面台。 大容量の収納棚と、ヴィンテージ感溢れるタイル張りのエントランス。 リビングへ通じるドアは、オリジナルのアイアン製。 リノベーション施工事例75プラン

RELATED WORKS 同じ種類のリノベーション施工実例

  • ALL WORKS
  • MANSION
  • HOUSE
  • OTHER
RENOVATION FREE CONSULING
リノベーションのご相談はこちら