家事動線を優先するスマートなリノベーション
renovation
house renovation

家事動線を優先するスマートなリノベーション

緩やかな丘陵地がもたらす見晴らしのいい庭付きの立地。Iさん夫婦が購入した一軒家もそんな開放感あふれる場所にあります。

ご夫婦はバイク販売店に勤務する傍ら、音楽の趣味をもつご主人と会社員の奥様。効率的な家事動線の確保に加え、3歳の子どもを育てる親としての観点を重視したリノベーションは、日常生活の大半が一階で完結する使い勝手のいい間取りに凝縮されています。

その好例が、キッチンの位置。以前まで空間の隅、それも壁側に配置されていたキッチンの向きを変え、リビング側に移設。元のスペースをウォークインクローゼットにし、その場からバスルーム(脱衣所含む)までダイレクトにアクセスできるようにしました。

また「掃除のしやすさ」がテーマの根底にあることから、入り組んだ部屋は少なく、直線的な移動がかなう空間配置も特長です。かつて2部屋に分かれていたリビングも、それまでの和室を取り払い拡張。その分縦に伸びた空間には、あえて立ち上がり壁をつくり、リビング側の壁面にTVを掛けたり、壁と一体化する棚を造作。また、緑のクロスを張った壁裏の小空間をご主人所有のギターを飾るスペースに活用しました。

デザインが先行しがちなリノベーションにおいて、機能を優先する夫婦の工夫は他にも。2階建て特有の階段下にはキッズスペースを設け、キッチンから子どもの様子がうかがえます。さらに、親類の訪問にも対処できる大部屋を2階に確保。子どもの成長に合わせ、ゆくゆくは子ども部屋として利用する可能性を残しました。元からあった階段にオイル塗装を施したり、珪藻土と壁紙を使い分けたりとスマートに予算を抑える工夫も参考にしたい実例です。

突出したデザインや色味を用いずとも生まれるパーソナルな空間。新居での生活は一カ月。広い庭に注ぎ込む風を、作り替えたでテラスで味わう初めての夏も一家の密かな楽しみです。

物件名
福岡市南区I様邸戸建てリノベーション
家族構成
三人
リノベーションプラン
FULL RENOVATION
リノベーション完了時
2020年4月
リノベーション費用
1300万円
間取り
4LDK → 3LDK+W.I.C
面積
115㎡
Planner
矢野 健太郎
coordinator
Assistant
西田 彩花
Photo
広瀬 麻子
Writer
瀬口 賢一
施工事例一覧に戻る
ALL WORKS
RENOVATION FREE CONSULING
リノベーションのご相談はこちら