CODE STYLE

みやま市M様邸新築戸建

円満家族。まぁるい動線

福岡県みやま市。田畑の残る閑静な宅地にMさん一家の新築はあります。スクエア型の平屋を建てるにあたり、生活動線をどのように描くかが一つのテーマとなった今回の施工。ご夫婦のライフスタイルはもちろん、歳の離れた2人のお子さんを見守るという点から実現した生活空間は、均衡のとれたプライベートルームの確保と所々に配した遊び心あふれるデザイン、さらにはキッチンを中心に円を描く生活動線に特徴があります。

モルタル仕様のシンプルな玄関を上がってすぐ、東西に伸びる通路(ホール)に合流できる点は一つの好例です。帰宅するなり“右回り”を選べば脱衣や手洗いを済ませ、後戻りすることなくリビングへと辿りつけます。あるいは“左回り”を選んだなら、ダイレクトにリビングにアクセスできるうえ、各部屋へそのまま向かえるという利便性。家のほぼ中心に据えたキッチンは、さながら司令塔のごとく、小窓越しに見える玄関を含めリビング一帯を見渡すことができ、活発な子どもたちの様子を常に見守ることができます。一方、デザイン面においては、素材感のある無垢フローリングと珪藻土壁を基調に、娘さんが親しむピアノを設置するリビング内一角のみレンガ壁を採用。さらに、間取りの境界となる扉や各窓枠にアイアン素材を用いたことで、空間がくだけ過ぎず引き締まった雰囲気を感じられます。

また、採光という点ではリビング面の大扉がその役割のほとんどを担いそうにも見えますが、Mさんは各部屋の壁の高い位置に開閉可能の窓を設置。通気とともにどの方角からも効果的に光を取り入れられる点は、この家の隠れた魅力の一つです。キッチン内に設えたカウンターや棚、小学校の靴箱から着想して形となった印象的な靴箱も、空間全体を俯瞰した際に導き出したMさんとコードスタイルの“答え”でした。

物件名
みやま市M様邸新築戸建
家族構成
夫婦、子供三人
プラン
FULL CUSTOM HOUSE
完成年月
2020年8月
本体価格
3600万円
間取り
3LDK
面積
118㎡
Planner
Kenji Tasaki
Photo
Asako Hirose
みやま市M様邸新築戸建

related works 同じ種類の施工事例

施工事例一覧に戻る
ALL WORKS
CODE HOUSE FREE CONSULING
注文住宅・新築戸建てのご相談はこちら