南区G様邸リノベーションvol.4

南区、G様邸リノベーション 進行中です。

前回記事はこちら
南区G様邸リノベーションvol.1
南区G様邸リノベーションvol.2
南区G様邸リノベーションvol.3

マンションリノベーションの最終段階、仕上げの工事に突入しました。

モルタルの左官工事、タイル貼り、アイアンドアの取り付け、キッチンシェルフの取り付けなどを行なっています。

リビングのレンガを貼っていきます。

 

こうなりました。モルタルも塗ったばかりの状態です。腰壁の貼ったばかりのレンガが汚れないように養生しています。

下がり天井はボルドー色で塗装して・・・

 

レンジフードを取り付け、アイランドキッチンにカウンターを取り付け。

 

バックカウンターにも造作家具を取り付け!いきなりキッチンらしさが増します。

 

10年くらい前から作り続けているオリジナルのアイアンドア。CODE STYLEでリノベーションをご依頼される場合は、ほぼ使っている大事なアイテムです。

 

こだわりのマイナスビス。ディテールにもこだわっています。

 

洗面所など、他のスペースもどんどんできていっています。

 

 

マンションリノベーションの完成が近づいて来ました。お引き渡しに向けて、きっちり進めていきます。

ブログ担当オガワがお届けしました。

 

南区G様邸リノベーションvol.3

南区、G様邸リノベーション 進行中です。

前回記事はこちら
南区G様邸リノベーションvol.1
南区G様邸リノベーションvol.2

前回から引き続き、家の基礎的な部分となる大工工事を進めつつ、フローリングを貼り始めました。

LDKからエントランスへ向かってのホール部分。

このG様邸では、濃色のフローリングを使用します。素材はウォールナット。上品で高級感もある色と木目です。ちなみにウォールナットは日本で言うと「クルミ」。重硬で衝撃に強く、強度があり加工しやすく、美しい、と言う大変人気の素材です。強度があるため、アメリカではライフル銃の素材としても使われるらしいです。

LDKの部分にももちろんこのウォールナットを貼るのですが、LDKは家の中でも家族が集まる特別な場所。このフローリングと組み合わせて仕上げます。

こちらはオーク材をウォールナットカラーで塗装し、ヘリンボーン貼りにした床材。どうなるかは完成をお楽しみに!

こちらはウォークインクローゼットの内部になる場所。

大工さんに頑張ってもらっています。

プランニングした弊社STAFF 田﨑も現場で、しっかり職人さんと打ち合わせさせていただいております。

上の写真はキッチンになる部分なのですが、少し天井を浮かせてあります。デザイン的な要素もありますが、リビング・ダイニングとは違う空間ですよ〜、というのを壁を使わずに表現する役目もあります。パースでいうとこの部分。

シンプルに見えて、細部も気にしながらプランニングしております。(私じゃなく担当者が、ですが・・・)

ではまた、次回もお楽しみに。ブログ担当オガワがお送りしました。

南区G様邸リノベーションvol.2

南区大橋のG様邸マンションリノベーション、進行中です。前回のブログはこちら

CODE STYLEでは、リノベーションのご提案をさせていただく時に、ほとんどのケースでイメージパースを作成します。3Dで作成することもあるのですが、今回は手描きのパースを作成。線がヨレて均一じゃなかったり、色味にムラがあったり、手描きの場合はきっちりせずに柔らかい「アナログ感のある」雰囲気を重視。ちなみに、音楽もアナログ=レコードで聴くのが好きです。

今回のリノベーションのイメージパースはこちら。

LDKのパースです。

リビングの腰壁はレンガ貼、ホームシアターのスクリーンとプロジェクターを設置。キッチンはバーカウンター風のアイランドキッチンにする予定です。

ディテールより、リノベーション後に住む空間の雰囲気を伝えることを大事にしています。毎回ご提案時は少し緊張しますが、パースはとても喜んでいただけます。

この完成予想パースに向けて、今は大工工事を進めております。ちなみに、前回は解体後の様子をお届けしました。

この状態から、まずは床の基礎を作り・・・

現在は、新しく壁をつくるために柱を建てているところ。天井のコンクリートが良い感じです。

大工さんが頑張ってくださっています。

作業工程や、作業途中の段階も、担当者がきちんとチェックしています。

次回もお楽しみに。

ブログ担当オガワがお届けしました。

 

前の記事 南区G様邸リノベーションvol.1

次の記事 南区G様邸リノベーションvol.3

 

南区G様邸リノベーションvol.1

久しぶりのブログ更新です。ブログ担当のオガワと申します。これからはペースを上げてブログアップして行きます、ご覧いただいている皆様、よろしくお願いいたします。

こちらは、現在福岡南区に進行中のマンションリノベーション。解体が終わり、スケルトン状態です。

天井、床、壁もキレイな躯体(くたい)ですね。古い内装を全て剥がして、まっさらな状態です。ここから、新たな空間を作り出します。

こちらのマンションのオーナーさま、CODE STYLEのリノベーション施工事例「ヴィンテージバイクと暮らす」をご覧いただいてご相談いただきました。

リビングに鎮座するヴィンテージモンキー

ホンダの50cc「モンキー」をリビングに置き、「バイク」という趣味をより楽しむためのお家。こちらを見て、自分もこういう空間に住みたい!と思っていただいたそう。「趣味を大事にする家づくりをしたい」というのがCODE STYLEのコンセプトの一つでもあるのですが、共感いただき、とても嬉しく思います。

ここから、どう作り上げていくのか?

間取りやパースなどもご紹介して行きますので、次回をお楽しみに。

次の記事

南区G様邸リノベーションvol.2

南区G様邸リノベーションvol.3