たちばな幼稚園 with ART-4

こんにちはっ★

 

梅雨が いつも隣に座ってる。。w

そんな毎日、炊事に洗濯、この季節は何かと気をつけることも多いですよねー

 

 

 

本日のblog

たちばな幼稚園 with ART も最終回です。

 

中身の濃い、徳永氏との お話だったので

blogもだいぶ 濃いめになりましたw

 

 

最終回、どうぞ お付き合い下さいませー

 

 

 

子どもが、心の底で 喜ぶものって

人間の 喜びそのもの なんじゃないかなーと 思う今日この頃。

 

そんなテーマで 今日は お送りしたいと 思いまする!

どうぞ よろしゅう:)

 

 

 

 

まずは、この お写真 から

2Frouka

この 空間 に立った子どもたちは

何を 思うんだろな~

 

 

 

感じ方は 自由だし、

 

描き手の 発信 と 受け手の 感覚との

化学反応みたいなのも、きっとおもしろい★

 

 

 

ひとつひとつに 答えをつけず

子どもが 感覚で 取り込んだものって

ずーーっと 心と体の中に 入っていて。。

 

 

 

ふと、ある時。

自分なりの 意味が その記憶と 結びついてゆく。・*゚。.・

 

 

 

「大きくなってからの 楽しみを 残す」

そんな話しも 徳永氏としました。

 

 

 

「なんか、ステキだなー」って感覚

大事にしてほしいし、大事にしたいですね!

その時すべて分からずとも:)

 

 

 

 

私たち大人が その種を準備すること。

その種に 責任を持つこと。

 

 

 

「子どもの前に出して 恥ずかしくないもの」

 

コノハードルを 越えられるものって

 

 

もう子どもの世界に 留まってなくて

 

人と人 人と生物 人と地球 人と宇宙にまで通ずることだと

思うのです★

 

 

ずいぶん遠くの宇宙までいってしまいました。。

ココに戻ってきますw

 

 

 

 

 

こちらの お写真20180501_156

“ARE YOU EXCITED?”

 

みんなを 見守るのは

フクロウ

 

アルファベットの 『 A と a 』

 

 

 

 

 

 

お次はこちら

 

 

喜怒哀楽な にゃーご

*

アルファベットたち

大文字小文字が寄り添っていて かわいー★

*

他にも 色んなところに

「お楽しみ」が 散りばめられていて

 

ワクワクー★

 

 

 

そだきよし氏 と 徳永氏とが 描いたもの*:)

 

 

そだきよし氏は

徳永氏の ご友人であり

アーティスト

 

 

 

 

 

20180501_074

子どもたちも 喜んでおります★

 

 

 

 

私の お気に入り

IMG_9503

おふざけしたい お年頃の坊やたちが

「なんやねん、おじさん二人やん!」とか言って

キャッキャッと笑い合う姿が 目に浮かぶ!w

 

 

でも。

 

「この絵を このおじさま二人が描いた」というリアルが

 

ちゃーんと ココに あるわけで。

ちゃーんと ココロに 届いているわけで。。

 

 

作品には(←限らずですが)

必ず 『背景』 ってのがあって、、

 

似顔絵を描いたのは、

すっごくいいideaだ!と 個人的に 喜んだのでありました★

 

 

 

 

20180501_023

20180501_065

いい風景!

それ見てとなりで オクラチャンずが 何やらおしゃべりーw

 

20180501_026

実際に 子どもたちとの出逢いも あったようですよー★

 

 

いかがでしたかー?

たちばな幼稚園 と アート の関係。

 

 

 

私は大人になって 初めて知ったのですが

『芸術』って なんて人間臭いものか!と。

 

 

絵画ひとつとっても

絵画の歴史・時代背景・作者の人生・生き方・考え方が

なんかもう ぜーんぶ入り込んじゃっていて

 

ほんとおもしろい。

 

 

クラシックの曲を 味わうテレビ番組であっていたのですが

短調の曲で 悲しみに浸りながらも

曲のfinishに 長調の和音を持ってくる。

 

ここに表現する 作者の様々な想い。

 

あー、おもしろい。

 

 

 

 

芸術って、ほんとに豊かなものなのですねー!

何度も言いますが、大人になってから知りました:)

 

 

 

 

 

たぶんアートって、芸術って、

カッコイイとか キレイとかを目指すだけでは限界があって

 

生き様を 吹き込む その作業こそが

愛ある 命ある 作業なんだろな。。と

思うのでありました。

 

 

 

 

『みんな同じ・みんな一緒に』なーんて

横に並ぶことを 強いられながらも

比べられて『誰よりも前に出ろ!』とせきたてられる。

この矛盾の中で、大人のものさしの中で、

苦しむ 悩む 子どもたち。

 

 

ここで 登場するのが アートを始めたくさんの芸術たち。

 

 

作品と作品を比べて どちらか優れているか

決着を着けようなんぞ

ナンセンス★

 

本来 比べる基準なんて

どこにもない。

 

 

子どもたちは すんばらしい アーティスト

 

上手か下手かではなく

好きか、そうでないか。

 

もっと感覚的なところで

人生をenjoyしてほしい!

 

 

 

熱意がこもってしまいましたが!w

 

 

 

 

たちばな幼稚園 with ART に託されたであろう

CODE STYLE さんの哲学と

 

私の専門との 化学反応ということで。

 

 

 

これからの時代の子どもたちの未来へ

愛を込めて!

20180501_081

 

長々とありがとうございました!

 

 

ではでは

ごきげんよう

IMG_9524

 

カテゴリー: たちばな幼稚園 パーマリンク