家具のお手入れ方法 | CODESTYLE | 福岡

TOP FURNITUREFURNITURE MAINTENANCE

MAINTENANCE

家具のお手入れ方法

メンテナンスページをご覧いただきありがとうございます。
これまでにご注文頂いた方やこれから家具をご検討される方が末永くご使用いただくために、
メンテナンスの方法などを下記にまとめております。是非ご一読頂ければと思います。
正しいメンテナンス方法で愛着の沸く家具にご育ていただければ幸いです。

ABOUTCODESTYLEの家具について

CONCEPTコンセプト

CODESTYLEの家具は無垢材の天然の質感や、鉄の無骨な雰囲気を大切にしています。
そのため、無垢材の小さな節や荒い木目などもそのままに製作しております。

また、鉄脚も同様にマットで無骨な素地仕上げの質感を大切にしています。
使い込むほどに味が出てくる家具をお楽しみください。

OIL + WAX FINISHCODESTYLEの家具の仕上げ

CODESTYLEの家具は無垢材本来の木肌を活かすオイル&ワックスの仕上げを施しております。

オイル&ワックスでの仕上げは無垢材の質感や温かみが出る反面、コップの水滴やワイン染みなどが浸透し、
染みになりやすいことがあります。

CODESTYLEではそのような経年や使用による変化も"味"と捉え、製作しております。

経年や使用による変化が気になる場合は、お食事などの際はコースターやランチョンマットをご使用することをお勧めしております。

MAINTENANCEメンテナンス方法

USUAL CARE普段のお手入れ

  • 普段のお手入れは、乾拭きするか、固く絞った布巾で拭きます。
  • 汚れがひどい場合には、柔らかい布に薄めた中性洗剤液を含ませ、よく絞って拭き取ります。
    その後、水を含ませよく絞った布で拭き、最後に乾いた布で拭いて下さい。

WAX MAINTENANCEワックスを使ったメンテナンス

無垢天板に「蜜蝋ワックス」で半年に1~2回の塗布を行うとより味がでてきます。

鉄脚はその素材感を生かすために塗装などはあえて行わず鉄の素地のまま使用しているため、 表面のオイルが時間の経過とともに剥がれてサビがでてきます。

これを私たちは味と捉えておりますが、サビを極力抑えたい場合は天板と同じく「蜜蝋ワックス」 を塗布すれば効果的です。

その他のワックスをご使用していただいても問題ありません。

無色のワックス(白木用)などの色がついていないWAX をお使い下さい。 商品によっては、着色剤入もございますのでご注意下さい。

鉄脚に関しては、黒塗装(01Bシリーズ)、クリア塗装しているものは除きます。塗装した鉄脚は基本的にはサビにくいですが、キズが入り塗装が剥がれるとサビが生じる可能性がございます。

MAINTENANCE FLOWメンテナンスの手順

メンテナンスの方法を、弊社オリジナル蜜蝋ワックス「LABOWAX」を使用してご紹介いたします。

  • メンテナンス方法画像1

    01.メンテナンスに必要な下記の道具を揃えます。

    • ワックス(蜜蝋ワックスなど)
    • ウェス(乾いた布)
  • メンテナンス方法画像2

    02.ワックスを塗る場所のホコリや汚れを拭き取ってください。

  • メンテナンス方法画像3

    03.布に染み込ませて天板・脚に薄く刷り込むように塗ります。

    そのまま10~15分ほど放置します。

  • メンテナンス方法画像4

    04.天板を乾いた布で磨きこむようにワックスをふき取ります。

    そのまま6~12時間程乾燥させます。

  • メンテナンス方法画像5

    05.完成です。

LABOWAXはこちらから
ご購入いただけます。

>LABO WAX [CS-001]

ワックスによっては少しにおいがあるものもございます。換気を十分に行いながら作業することをオススメいたします。

ワックスが染み込んだ布は水で濡らしたあとに廃棄してください。乾燥させたまま放置しないでください。発火する恐れがございます。

弊社オリジナル家具はすべて屋内用になります。屋外での使用には適しておりませんので、ご注意ください。