CODESTYLE OFFICIAL BLOG

レコードが聴きたい

空間デザインを考えた時に【音】の存在は重要なファクターになります。
コードスタイルのスタッフは音楽好きが多くて、事務所やお打ち合わせ場所等では
必ず、好みの音楽が流れています。
スタッフから『レコードが聴きたい』っという意見が出るのは必然ですよね♪
という事でLABOのオーディオシステムを少しブラッシュアップしてみました‼

LABOに眠っていた【JBL4312】
昔の放送業界はほとんどがこのスピーカーでしたね。
JAZZに相性が良く3wayなのでバランスよく中音域が素晴らしいスピーカー!!

アンプはこれまたLABOに眠っていたTRIO【KR3400】
ケンウッドの前進TRIO。このシリーズも名機揃いですね。

ここからが(勝手に盛り上がって)ポイント!!!
まずオーディオマニアクラスになると電源ケーブル/信号ケーブル(配線)やら何やらで
いい音を出すために、凄いお金がかかるんですね。詳しく話すと、皆さん????になると思いますので、簡単に言うと電気ケーブル一本に何十万円もかかる世界なんです。

でも大丈夫です。

今回は安価で高級ケーブルに追いつける必殺技のご紹介をいたします。

何年も実践して、周りから『オタクやね』と言われた私のおススメは、

何処の電気屋にもおいてあるビニールキャップタイヤケーブル(VCT1.25)(1m123円)。
これが凄い音になるんです!!(変化には個人差がありますのでくれぐれもご注意ください)

実はアンプに使っているTRIO KR3400は今や中古で3000円位で購入できるアンプなんですね。

それをVCTケーブルでスピーカーと接続すると音の解像度が変わるのが分かります。

しかも心線が柔らかいタイプのVCTは取り回しも楽で高音に特徴が出てくるので、音像がくっきりと浮かび上がります。
(ちなみに単線は音の中音域に迫力が出てきます)

という事で。これ以上話を進めると、とめどなく終わりが見えなくなりますので
要約すると、【LABO】のサウンドシステムが変わって、音楽が温もりのある音で聴けるようになりました(笑)
特にジャズはJBLとの相性抜群です。

空間デザインにおいて視覚効果はやはり一番ではありますが、
良い空間に出会われた際はそこにある音にも耳を澄ませて味わってくださいね。
また別の感覚が身体に心地よく響き渡ります。

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。

家具用の天板サンプルについてご紹介します。

今日は家具用の天板サンプルについてご紹介します。
CODESTYLE FURNITUREでは重厚感や質感、経年変化をお楽しみいただけるように家具天板に無垢材を使用しています。
「身の回りのものを“長く”“大切に”使いたい!」という方にはもってこいです。
ですが無垢材は1点1点に個体差がありますので、「天板の色味」や「木目の雰囲気」がモノによって変わります。
できる限り、お客様とイメージを共有するために、必要な方にのみ天板のサンプルをお送りしています。

サンプルは製作の際に出る破材を利用して作っていきます。
CODESTYLE FURNITUREを証明する焼き印をサンプル一つ一つに打ち込みます。

個人的にこの焼き印はかなり気に入っていて、
見た目もそうですが、焼き印を打つ時のオイルとワックスを含んだ木材が燃える匂いがたまりません!

(怪しいものではございません)

下の写真でも分かる通り、同じ木材に同じオイルを塗装しても色味や雰囲気は一つ一つ違います。
木材には「導管」と呼ばれる、人間で言う血管が通っています。
これらの太さや配置が木材それぞれで違い、オイルで着色した時に吸い込み具合が違うことも、個体差の原因の一つです。

この木目や色味の個体差のコントロールはかなり難しく、天板を製材した場合も現れます。

ですが、この個体差があることは悪いことではなく、CODESTYLE FURNITUREでは“味”と捉えています。
木材の色ムラは逆に言えば、本物の無垢材であることの証明であり、木を基調とした家具が好きな方はこの色ムラを良しとしている人は少なくありません。

もちろん、まったく同じ木材がないことは家具のオリジナリティも高めてくれます。
優しいイメージの木目、力強いイメージの木目と様々です。(イメージに個人差はあります)
世界に一つだけの家具を、お客様の生活のそばで育てていただければ幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

FURNITUREページ
http://codestyle-web.com/furniture_works12.html