CODESTYLE OFFICIAL BLOG

10月2016

単焦点で撮影してみました。

通常、室内は広角レンズで撮影しているんですが、
ボケ感も含めて試しに単焦点の50mmでLABOを撮影してみました。

ファサードは距離が取れる斜めカット。広角に比べ、周辺も光量がありとてもすっきりした印象がうかがえます。

室内に入っても、F1.4あるのでISOも300前後までOKです。ブログUP用に圧縮してもすっきりした印象があります。

店内のTVBORDに並べられたセレクトBOOK。

ロングテーブルに並べられたBOOKも背景のボケが際立ち印象が立ちます。

CHAIRやIRON LIGHTもとても柔らかな画質で、滑らかさが出てますね。


イベントLABO’SBARで装飾されたグリーンも幻想的にドライなりました。

今回は単焦点カメラでボケを意識して撮影しましたが、やはり広角もないと全体撮影は厳しい所。
何事も【使いどころ】が大切ですね。
最後に秋も徐々に深まり、アイスコーヒーからホットの季節になりました。
皆様もお時間ある時に是非、オリジナル家具に囲まれながら珈琲TIMEでLABOを満喫してくださいね。

sourire(スーリール)


10月4日に赤坂にフレンチレストランの『sourire』がOPENしました。
17年在職した「ひらまつ」を円満退社し赤坂に開業したオーナーのフレンチを先日頂きました。
口に入れた途端広がる香りの数々が上品でいて美味しく、とても贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

店内に入るとまず気付くのが、その清潔感。
呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる漆喰をふんだんに使用し、
『白』を基調に、コントラストのあるアイアンがポイントを作ります。
コードスタイルデザインのシャンデリアもインダストリアルでいて、幾学的な模様で楽しめます。


床材には美しさと機能性を両立した石のタイルが使用され涼しさや暖かさを表現できます。
席数も15席と少数ですが、高い天井と漆喰を基調に清潔感漂う雰囲気が満載。
プライベートをゆったり感じる事が出来き、とても贅沢な空間の中にいるような気分に包まれます。
カウンタ-に座れば、目の前でオーナーシェフの料理の解説や日々の楽しい話で尽きることのない
楽しい時間が続くところも嬉しいポイント♪

『sourire』は四季折々の地産食材を活かしたフルコース料理がリーズナブルなお値段で味わえるのが
嬉しいところ。是非、ご予約をして本場のフレンチを味わってみてくださいね。

『ホームペ-ジ』
sourire
http://sourire-mizu.on.omisenomikata.jp/