CODESTYLE OFFICIAL BLOG

伊勢神宮


あたりを森林に囲まれ梅雨の晴れ間に
清々しい空気が流れる伊勢地方。
神宮式年遷宮を終了した伊勢神宮に行ってきました。

 

伊勢神宮の『式年遷宮』は、
西暦690年から約1300年も続く、ご存じのとおり日本文化を代表する祭祀。
20年に一度行われる伊勢神宮の式年遷宮は8年がかりで行われるそうです。
20年の理由については諸説ありますが、昔から伝わる宮大工の技術継承など、
建築技術の保存にも密接に関わっているんですね。

 

他にも刀とか鏡とか装束とか、ご正宮にはたくさんの宝物を納められるため
伝統工芸を守る職人の業(わざ)の継承にもなっています。

(本殿は撮影禁止箇所があるので、階段下からのみの撮影)

 

正宮の建築様式は、唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)と呼ばれます。
唯一神明造は、日本古来の建築様式を伝え、ヒノキの素木しらきを用い、
高床式の穀倉(こくそう)の形式から宮殿形式に発展したものです。

屋根は萱葺(かやぶき)、柱は掘立(ほったて)など、その姿は簡素にして美しい直線美。
屋根は水分を含んだ状態と、乾燥する季節との重量差を利用して、
柱が接触していない形式で側面の壁にて重量を支えます。
この機能により穀倉(こくそう)の湿度管理を行います。
(正に自然の空調システム‼)

先人の知恵・それを継承する伝統。
全てが長い時間軸の中で産まれた人々の『想い』を形作った造形美。
それが伊勢神宮の美しさだと思いました。

伊勢神宮は「4市2郡」に置かれている神社125社の総称です。
他にも内宮近くにある「猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)」
海岸沿いにある「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」等は
伊勢神宮にゆかりのある神社。
内宮・外宮を中心に、思い思いのスケジュールを組んで参拝してみるのも楽しそうですね。